口腔外科

oral surgery

口腔外科とは

新宿区西落合のモドゥーンデンタル

口腔外科(こうくうげか)とは、口腔、顎、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。
口腔外科には親不知の抜歯などの歯が原因となるものから顎関節症、癌までさまざまな疾患が対象となります。

※各専門医療機関との連携体制
当院では難症例の親知らずや口腔癌の症状がみられる患者様は提携している慶応大学病院や東京医科大学、口腔外科専門医が常駐する歯科医院をご紹介いたします。

※患者様の身体の状態のデータ管理を徹底
当院では外科処置の際には患者様のお身体の状態(疾患履歴など)のデータ管理徹底しております。また、オペ中のお身体の状態は生体モニターを使用することでお身体の状態を把握しながら外科処置をします。

痛みが少ない親知らずの抜歯

親知らずは前歯から数えて8本目の歯を指します。親知らずはほおっておくと腫れたり、痛くなったりしてきます。親知らずが横に生えてしまっている水平埋伏歯の場合は腫れや痛みがひどくなり、悪化すると他の歯に悪影響を与えることがあります。そうなると抜歯しなくてはいけません。当院では親知らずの抜歯の際に極力痛みがないように努めております。

親知らずの種類
01

タイプ① 真っ直ぐ生えている親知らず

親知らずが真っ直ぐ生えているタイプです。 このタイプは真っ直ぐ生えていて咬み合わせに問題がなければ、抜歯しないケースが多いです。ただし、虫歯になっていたり、痛みがあったり、咬み合わせが悪かったりすると抜歯をおすすめします。

02

タイプ② 斜めに生えている親知らず

親知らずが斜めに生えて隣の歯にぶつかって圧迫してしまうタイプです。このタイプが最も多いです。

このタイプは虫歯になりやすいだけでなく、隣の歯を圧迫し、咬み合わせや歯並びに影響が出る場合もあるので抜歯をおすすめします。

03

タイプ③ 水平埋伏の親知らず

歯茎の中で完全に横に生えてしまうタイプです。この親知らずを水平埋伏智歯と言います。
このタイプはほとんどが下顎のケースです。真横に生えているので抜歯の際は難易度が高く2~3つに砕いて分けて抜歯をします。