根管治療

root canal

根管治療とは

新宿区西落合のモドゥーンデンタル

根管治療とは一般的には歯の根(根管)についての治療の事を指します。歯の中には歯髄(神経)という軟らかい組織があり、根管の先のほうの小さな細い孔(あな)で、顎骨の中の神経や血管とつながっています。この歯髄が悪化した虫歯や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。このような症状を改善させるには歯髄を除去して歯を残す治療をしなければなりません。これが根管治療と言います。

可能な限り歯を残すモドゥーンデンタルの精密な根管治療

根管治療はどこの歯科医院でもおこなっている治療です。虫歯が深く歯髄に達していれば、虫歯治療とセットで根管治療がおこなわれるくらいポピュラーな歯科治療のひとつです。 しかし、一見、どこの歯科医院でもおこなっている根管治療なのですが、非常に細い歯髄を探りながら処置をしていきますので、実は難易度の高い治療なのです。
しっかり根管治療をしなければ、再び根の先の病巣が悪化して再治療や抜歯をせざる負えないこともあるのです。

当院では、再治療や他医院で抜歯を宣告された患者様に対して歯を残す可能性があるのならば、あらゆる可能性を模索します。「どうしても歯を残したい」、「再治療が多く一向に改善しない」などのお悩みの方は是非当院にご相談下さい。

モドゥーンデンタルの根管治療の特徴
01

特徴① 精密な根管治療

根管治療では小さく細い根管の中の処置をするのでとても繊細な治療です。スコープを使用することで根管を肉眼の数倍に拡大した状態で治療が可能になるので、精度を各段的に高めることができ治療の成功率を飛躍的に向上することができます。精密な根管治療をすることで歯を残す確率をあげることができるのです。

02

特徴② 細菌感染を防ぐラバーダムによる根管治療

根管治療では細菌感染には細心の注意を払う必要があります。なぜなら根管内の病巣は細菌感染が原因で悪化するケースがほとんどだからです。その際にラバーダムという器具を使用します。ラバーダムは治療をする歯以外をゴムのシートで被うことで治療部位に対しての細菌感染を防ぐ器具です。

03

特徴③ 弾力性のあるニッケルチタンファイルで成功率を向上

根管治療をする際に歯髄を除去する細い針金のようなファイルという器具を使用します。
通常の保険診療ではステンレスのファイルを使用します。しかし、根管の内は常に真っ直ぐとは限りません。人によって千差万別で不規則に曲がっている場合がほとんどです。そうした根管の先端まで確実に治療するには、弾性のあるニッケルチタン製のファイルを使う必要があります。保険診療のステンレス製のファイルは弾力性がないので、曲がった根管内の治療には限界があるのも事実です。ニッケルチタンファイルを使用することで治療の成功率を向上することができます。