入れ歯

denture

入れ歯は治療計画が大切

新宿区西落合のモドゥーンデンタル

誰でも義歯(入れ歯)にはなりたくないものです。

しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。義歯(入れ歯)は痛くて噛めないとか、義歯(入れ歯)は硬いものは噛めないとか、あまり義歯(入れ歯)の評判は世間的に良くはありません。

しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、適応症にあった義歯(入れ歯)を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。

保険と自費の入れ歯はなにが違うの?

保険の入れ歯は保険適応内で決められた範囲内の素材や製作工程で入れ歯を作っていきます。保険適応するので費用的には非常に安く済ませることができるというメリットがあります。対して自費の入れ歯はよりお口にフィットする入れ歯を制作するために、保険適応外の高価な素材を使用したり、製作工程も保険の入れ歯より複雑な工程で入れ歯を作っていきます。

より安い費用での入れ歯制作を求めるなら保険の入れ歯を作ることをおススメします。しかし、入れ歯をした時の不快な装着感を改善したりより良いフィット感を求めるなら断然、より精密に製作された自費の入れ歯をおススメします。

※保険の入れ歯と自費の入れ歯の製作工程の違い
保険と自費の入れ歯では、製作する時の工程が違います。

保険の入れ歯は保険適応内で決められた工程に沿って製作していきます。一方、自費の入れ歯は装着感や安定感を向上させるために保険の入れ歯の倍以上の工程で製作しますので、精密でフィットしやすい入れ歯の製作が可能です。

総入れ歯について

総入れ歯(総義歯)は、最初少し抵抗があるかもしれませんが、現在の総入れ歯は大変精巧なものになっており、しっかり噛めて話しやすくなります。総入れ歯(総義歯)が痛い、はずれやすい、しゃべりにくい、安定しないなどのお悩みがありましたら、現在使用している総入れ歯が合ってない可能性があります。当院ではひとりひとりに合った総入れ歯を作ることにより、快適に噛める入れ歯を皆様にご提供できるように努めております。総入れ歯でお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

部分入れ歯について

部分入れ歯は、残った歯と部分入れ歯で歯がもっている本来の機能を回復するように設計され、高度の技術を持った歯科医師と歯科技工士により作製されます。部分入れ歯で重要なことは、残すことができる歯をしっかり守り続けることです。つまり、残っているご自分の歯が重要なのです。部分入れ歯自体は、たとえ残っている歯が失われても、修理をして継続して使えるように、あらかじめ設計・作製をしていますが、その部分入れ歯の性能(安定性、咀嚼能力、見た目、はずれにくさ)は、歯を失うごとに低下していきます。

いろいろな悩みをかかえておられる患者様が多くいらっしゃいます。これらのほとんどは、残っている歯が悪くなり、だめになって起こることです。部分入れ歯の治療では、残された歯をいかに健康に保てるか、が最も重要な課題です。

金属床について

お口の中の「肌」にあたる部分が金属でできた義歯を金属床義歯といいます。保険診療でおもに使われるレジン製義歯はどうしても厚みが出てしまいますが、金属床は強度があるため薄くつくることができ、お口の中で違和感が少なく快適です。また、熱伝導率が高いため、食べものをよく味わうことができます。 一般的に金属床義歯を修理すると、継ぎ目が目立つことがあり、見た目がいいとはいえませんでした。当社の修理の場合レーザー溶接を行うので、継ぎ目が目立つことはなく、しっかりと修復できます。

※金属床の特徴※

  • 患者様に合わせたぴったりの義歯ができる
  • 食べものの熱が伝わりやすいので食事を楽しめる
  • 薄くて小さいため装着感がよい
  • バネが目立たないので義歯であることがわかりづらい
  • 金属部分に汚れが付きにくいので清潔
  • 丈夫で壊れにくい
  • 変形しにくいので残存歯を傷つけにくい

など多くのメリットがございます。

ノンクラスプデンチャー

『ノンクラスプ』、すなわち金属のバネの無い入れ歯です。歯を固定する装置と床の部分が同一素材で作ることができるため、シンプルで審美性に優れています。 素材はプラスチック系のナイロン素材です。半透明で歯茎の色調と同化します。軽くて弾力性があり、破折に強い素材でもあります。